オリンピックPRESSBACK NUMBER

孤高の競技者・室伏広治の告白――。
ロンドンとハンマー、そして人生。 

text by

藤森三奈

藤森三奈Mina Fujimori

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2012/06/29 10:30

孤高の競技者・室伏広治の告白――。ロンドンとハンマー、そして人生。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

6月初旬に開かれた日本選手権の男子ハンマー投げで、堂々の18連覇を達成した室伏広治。いったいいつまで連覇が続くのか……予想もつかないほどの圧勝劇。

自分のアスリート人生を振り返りながらの執筆作業。

 オリンピックと世界選手権。ふたつの金メダルを獲得した後、独自のトレーニング理論の成果をもっと広く知らしめたいという思い、そしていちアスリートとしてひと回りもふた回りも大きくなった自分をもう一度確認する作業として、本を上梓する気持ちを強くした。その思いが『超える力』という単行本になって、ついに結実した。

――本を作る作業はどうでしたか。

「自分自身の長い競技生活を振り返り、また思い起こして、今までいろんなステージでそれぞれ乗り越えてきたものがあり、あらためてこういうことをしてきたんだな、こういうたいへんなこともあったなと、そして多くの人に支えられて自分自身があるんだということを思い出しました。

 本を一冊作るという作業はもちろんたいへんでしたけど、よりよいものを作るには必要なことでしたし、楽しかったです」

室伏が考える競技生活引退後の人生の過ごし方とは?

――アスリート界においてまた世の中での自分の役割をどう思っていますか。

「自分は競技を長く続けることに価値があると思っています。しかし、トップアスリートでもケガをしてすぐに競技をやめなくてはならない人もいて、そういう人は思い残すこともたくさんあるでしょう。競技者は、将来のプランも考えながらやっていかなくてはいけないということを伝えられたらいいなと思っています。アスリートでなくても自分の人生設計や目標を定めてやっていくことが大事ということを知ってもらいたい。

 私も年齢的にも現役を長く続けていますが、次のことを考えながらやらないといけないと思っています。選手というのは今のことに夢中で、そういうことはあまり考えないもの。真剣にやっている選手ほどそうです。突然選手生活が終わってしまって、あわてて何かをやろうと思うんだけれども、なかなか思うような人生が歩めない。競技から離れられなかったりする場合もあります。そういうふうにならないように、いい人生を送るためにも何かいい方法がないかなと私自身真剣に考えています」

【次ページ】 「4度目の五輪では、持っているものをすべて出したい」

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

室伏広治
室伏重信
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ