SCORE CARDBACK NUMBER

為末大を手本に躍進した、
ハードラー・岸本鷹幸。
~メダル級好タイムの五輪代表~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byHiroyuki Nakamura

posted2012/07/01 08:00

為末大を手本に躍進した、ハードラー・岸本鷹幸。~メダル級好タイムの五輪代表~<Number Web> photograph by Hiroyuki Nakamura

日本選手権連覇を達成した岸本。五輪での同種目初の日本人ファイナリストの座を目指す。

 6月8日から10日にかけて、ロンドン五輪代表選考を兼ねた陸上の日本選手権が行なわれ、翌11日には代表選手39名が発表となった。

 今大会では、やり投で村上幸史の13連覇を阻止したディーン元気を筆頭に、大学生の活躍が目立った。その一人が、大学4年生、400mハードルで代表に選ばれた岸本鷹幸である。

 準決勝で岸本を含め5名が参加A標準を上回り、激しい争いが予想された決勝。しかし岸本は他を圧倒する走りで今季世界ランキング3位に相当する48秒41の好タイムで優勝。代表の切符を手にした。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

岸本鷹幸
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ