SCORE CARDBACK NUMBER

最速ストーナー、
早すぎる現役引退表明の真相。
~金でも待遇面でもなく~ 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2012/06/26 06:00

最速ストーナー、早すぎる現役引退表明の真相。~金でも待遇面でもなく~<Number Web> photograph by Satoshi Endo

いま最も乗れている最速ライダーだけに、突然の引退表明はGP界に大きな衝撃を与えた。

 昨年、圧倒的な強さでチャンピオンを獲得し、今年2連覇の期待がかかっているC・ストーナーが、シーズン序盤の第4戦フランスGPで、今季を最後に引退することを表明した。

「家族や妻と長い間、話し合ってきたが、今年を最後にモトGPを引退する。そして、別の人生を歩むことにした。考え始めてから2、3年が経つ。大好きな競技を長くやってきたが、自分自身も家族も多くの犠牲を払ってきた。この世界も変化してきて、レースを楽しめなくなった。それならいま、辞めるのがいいと思った。辞めるからと言って、残りのシーズンは何も変わらない。出るからには勝ちたいし、110%以上の走りをしたい」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 628文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

ケーシー・ストーナー
ホンダ

MotoGPの前後のコラム

ページトップ