プロ野球亭日乗BACK NUMBER

華々しい本塁打の影に貧打の苦しみ。
松井秀喜は“忍”の一字で機運を待つ。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2012/06/10 08:01

華々しい本塁打の影に貧打の苦しみ。松井秀喜は“忍”の一字で機運を待つ。<Number Web> photograph by Getty Images

レイズのマドン監督も「(松井秀喜の)状態はいい。ただ本当に運がないだけだね」とコメントし、松井の攻守にわたるプレーも褒めているのだが……。

DH制の試合が減る交流戦で、いかにアピールできるか?

 故障者が続出したレイズは、これから徐々に主力選手が戦線に復帰してくる。しかもメジャーは8日から一斉にインターリーグに突入。ナ・リーグの試合では指名打者制度がなくなるために、松井にとっては狙えるポジションが1つ減ることにもなる。

 そういう意味では、松井にとってレイズでの生き残りをかけたサバイバル戦は、決して楽観視できるものではない。

「ヒデキは打席の内容は悪くないし、左投手を苦にしないのも分かっている。守備に関しても問題なくこなしている」

 選手の能力、状態を見抜く目利きと言われるジョー・マドン監督の松井評だ。結果だけではなく、実績と内容をしっかりと見定めている。

 そんな監督の下でプレーできる。それがなかなか結果の出ない松井にとっては、一番の救いでもある。

関連記事

BACK 1 2 3
松井秀喜
タンパベイ・レイズ
ジョン・マドン

MLBの前後の記事

ページトップ