SCORE CARDBACK NUMBER

11大会ぶりのメダル獲得へ。
期待を集める日本男子勢。
~改革進むアマチュアボクシング界~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byBOXING BEAT

posted2012/06/06 06:01

11大会ぶりのメダル獲得へ。期待を集める日本男子勢。~改革進むアマチュアボクシング界~<Number Web> photograph by BOXING BEAT

昨年の世界選手権で準優勝し、日本勢のエースとして期待される東洋大学職員の村田諒太。

 ロンドン五輪で日本人ボクサー44年ぶりのメダリストが誕生か、という期待が高まっている。今回は昨年の世界選手権で準優勝の殊勲を上げたミドル級の村田諒太ら4選手が出場するが、そもそもこの「4」という数字自体が異例であり、日本勢の好調を物語っている。

 以前は国ごとに1階級1人の出場が許されたが、20年前のバルセロナ五輪から大陸ごとの予選制に変更。ソ連崩壊でアジア地域に中央アジアの強国が加わり、五輪出場は狭き門となる。その結果、'68年メキシコで森岡栄治が獲得した銅メダルを最後に、10大会連続メダルなしという不名誉な記録を更新しているのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 653文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

村田諒太
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

ボクシングの前後の記事

ページトップ