Number PLUS SpecialBACK NUMBER

<母国開催のEUROを前に> シェフチェンコ 「ウクライナのために僕の全てを捧げたい」 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byDaisuke Nakashima

posted2012/06/05 06:01

<母国開催のEUROを前に> シェフチェンコ 「ウクライナのために僕の全てを捧げたい」<Number Web> photograph by Daisuke Nakashima
欧州の頂点を極めた男が、10年ぶりに帰ってきた。
母国開催のユーロのために、ビッグクラブとの契約を振り切って。
最後の舞台へ向け、故郷キエフでその牙を研ぐ英雄。
彼の口から語られたのは、ウクライナサッカーへの愛だった。

 今から3年前の夏に、アンドリー・シェフチェンコはひとつの決断をした。

 2009年8月、シェフチェンコはロンドンにいた。身にまとっていたのはチェルシーのユニフォーム。彼は始まったばかりの2009-2010シーズンを戦っていて、ベンチにはミラン時代の恩師カルロ・アンチェロッティ監督がいた。

 負傷が続いたそれまでの数年間は彼にとって不本意なものだった。納得のいくプレーは見せられず、前年は古巣のミランにレンタル移籍。かつてのストライカーの復帰にミラニスタは沸いたが、サンシーロでの1年間も満足のいくものではなかった。

 チェルシーとの契約はあと1年残っていて、コンディションにも手応えを感じていた。しかし彼は、古巣のディナモ・キエフへ戻ることを決断する。背中を押したのはひとつの思いだった。

「僕にとって1番大事なこと。それは何よりもユーロ2012だった。もちろん、色んなことを考えた。契約も残っていたし、他のクラブにいく選択肢だってあった。プレミアリーグにチャンピオンズリーグ。欧州の頂点でサッカーをし続けたいっていう気持ちもあった。それでも思ったんだ。僕はいま国へ帰るべきなんだと」

こちらは雑誌『Number PLUS』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3377文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

EURO2012 欧州蹴球読本~ユーロ2012 16カ国選手名鑑~
アンドリー・シェフチェンコ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ