濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

キックはK-1の二軍じゃない!
石川直生が苦しむパラドクスとは? 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph byTakeshi Maruyama

posted2010/05/11 10:30

キックはK-1の二軍じゃない!石川直生が苦しむパラドクスとは?<Number Web> photograph by Takeshi Maruyama

石川直生(写真左)はキックボクシング、50戦(32勝14敗)を誇るも、初めてのK-1の舞台に、キックを空振るシーンが目立った

直面した“K-1で勝つこと”の難しさ。

 その難しさは、今大会でも露わになった。対戦相手の渡辺理想は、これまで65kgから70kgで闘ってきた選手。体格とパワーの優劣は明らかだった。加えて得意技を禁じられた状態である。間合いをうまくコントロールし、右ミドルキックを的確にヒットさせて判定勝ちを収めたものの、決して印象に残る試合ではなかった。

 終盤には、KOを狙うあまりK-1ルールにおける彼の武器であるハイキックや飛びヒザ蹴りを空振りする場面も目立った。「50戦目なのに、(K-1)デビュー戦になってしまった。お客さんはもどかしかったでしょう」と試合後の石川。もちろん、誰よりももどかしかったのは石川自身だろう。

 石川が挑んでいるのは、いわば“競技のパラドックス”だ。キックボクシングというジャンルを背負うがゆえに、彼は自分が自分らしく闘える場所にとどまることをよしとしなかった。持ち味を封印されてでも、手に入れたいものがあるのだ。ヒジ、ヒザありの闘いを“マニアック”で終わらせたくない。キックボクシングはK-1の二軍ではない。そのことを証明するために、石川はジレンマと闘っている。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

石川直生

格闘技の前後のコラム

ページトップ