Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<オマーン戦を前に元日本代表10番が語る> 中村俊輔 「W杯最終予選が教えてくれたこと」 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2012/06/03 06:00

<オマーン戦を前に元日本代表10番が語る> 中村俊輔 「W杯最終予選が教えてくれたこと」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama
日本代表引退からまもなく2年が経とうとしている。
8年にわたり10番を背負い、大黒柱として2度のW杯予選を経験した男が、
今だからこそ明かす試行錯誤の記録――。

 称賛を受けたこと数知れず、バッシングを浴びたこと数知れず。

 欧州でプレーしながら長きにわたって日本代表の「10番」を背負ってきた中村俊輔は、良きにつけ悪しきにつけ、その批評の対象になってきた。たとえそれが「10番」の宿命だとしても、彼ほど長いスパンで重圧を最前線で受けてきたプレーヤーは他にいないだろう。

 そんな中村も代表から身を引いて2年近くになる。横浜F・マリノスに復帰して3年目のシーズン。チームの活動に専念した充実した日々を送っている。

 重圧のなかを突っ走ってきたからこそ後で気づくこともあれば、代表や欧州の“喧騒”から離れて落ち着いてサッカーと向き合っている今だからこそ見えてきたものもある。

 自己の成長を促すために17年間つづってきたサッカーノートには書ききれない、心に留めてきた「覚おぼえがき書」が中村のなかで一つひとつ整理されようとしている。今年34歳、キャリアの終盤を迎えている中村俊輔が、自分の経験を踏まえてサッカーを多角的に語る――。

 第一回目のテーマは「W杯最終予選の記憶」。中村はドイツW杯、南アフリカW杯の最終予選でいずれもチームの中心として予選突破に貢献したが、決して簡単な道のりではなかった。ドイツW杯の際は初戦の北朝鮮戦(ホーム)を皮切りに序盤、綱渡りの試合が続いた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3995文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

最強投手進化論。1995-2012

Sports Graphic Number 804

最強投手進化論。1995-2012

 

中村俊輔
横浜F・マリノス

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ