ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

ラウールが変えたブンデスリーガ像。
シャルケを去るスターが残したもの。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byItaru Chiba

posted2012/05/10 10:30

ラウールが変えたブンデスリーガ像。シャルケを去るスターが残したもの。<Number Web> photograph by Itaru Chiba

今年2月にはキャリア通算400得点を達成。CLでの最多得点記録(71点)も保持している。来シーズンはどこでプレーするのだろう?

厳しかったマガト監督もラウールだけには自由を許した。

 チームを率いていたマガト監督は、選手たちが派手なプレーをすることを禁じていたのだが、ラウールにだけはどんなプレーも許していた。

 他の選手ならば指揮官の逆鱗にふれるようなループシュートを放ち、しかもそれでゴールを揺らしてしまうのだから、周囲はただただ尊敬の眼差しを浮かべるしかなかった。

 スペインからやってきたスーパースターはチームにもすぐに馴染んだ。

 同じ時期にチームに加わった内田篤人は当時、「(練習のときなどに)けっこう、普通に個人的にアドバイスを送ったりしているよ」と言っていた。

 さらに内田篤人が驚いたのは、その高いプロ意識だった。

 ある日の練習のあと、疲れをとるためにクラブが用意している水風呂へ行くと、そこにラウールがいた。毎日のように水風呂に入っているのかと内田が問うとラウールは、当然であるかのように首を縦に振ったという。

「あー、結局日々のこういう積み重ねなんだなと思った」

 内田はそう語っていた。

ブンデスリーガの魅力をより輝かせてくれたラウール。

 お別れ試合となった今季のホーム最終戦でのセレモニーのあと、ラウールはこう話している。

「アウェイゲームには3000~4000人のファンが来て、ホームゲームはいつも満員御礼。シャルケは本当に、本当に特別なクラブだ。ここでプレーするのは、本当に楽しかった。今季は3位になり、来季のCLに出場できるのはスポーツ面でも、経済面でもクラブにとって良いことだよ」

 ラウールはドイツにやってくる理由として、ブンデスリーガでは数多くのゴールが生まれ、常に大勢の観客に囲まれてプレーできることを挙げていた。レアル・マドリーでプレーしていた時代にも、TVでブンデスリーガの試合をチェックしていたという。

 昨季のブンデスリーガの観客動員数は一試合平均42357人、1試合あたりのゴール数は2.92点で欧州主要リーグのトップを記録した。

 ラウールが加入してからも観客動員は年々増え続けている。

 ラウールのいた2年間は彼にとって、濃密な時間であった。同時に、レアル・マドリーにあってクラブレベルでのあらゆる栄冠を手にした者にとっても、ブンデスリーガは魅力的なリーグなのだということを全世界に知らしめた2年間だったのかもしれない。

関連記事

BACK 1 2
シャルケ
内田篤人
フェリックス・マガト
ラウール・ゴンサレス

海外サッカーの前後の記事

ページトップ