スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

松井秀喜への“投資”の見返りは!?
レイズの「ウォール街」流球団経営。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS/AFLO

posted2012/05/02 10:30

松井秀喜への“投資”の見返りは!?レイズの「ウォール街」流球団経営。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS/AFLO

「やるべきことをやって待つだけです」と語って、ひとりニューヨークで猛練習を重ねていた松井秀喜選手。レイズは、2008年にはリーグ初優勝を果たし、その後も4年間で地区優勝2回となかなかの強豪チーム。松井は、まずはマイナーで調整して、シーズン中の昇格を狙うことになる。

レイズの経営陣はヤンキースOBがお好き?

 昨季はジョニー・デーモン、今季はルーク・スコットと、いずれも同地区のライバルチームで活躍していた選手を獲得し、年俸に見合った働きを引き出している。

 特にヤンキースOBが好きで、デーモンや、ブルペンのカイル・ファーンズワースなどはヤンキースの黄金時代を知る選手たちだ。年数の浅いチームだけに、ヤンキースの持つ「ウィニング・カルチャー」を輸入しようとしているのかもしれない。

 松井もその文脈で獲得した可能性があると思う。

 マイナーで実戦経験を積む松井だが、今季はスコットが好調なだけに、すぐに定位置が用意されるわけではないだろう。

 長いシーズン、選手のケガはつきものだけにレイズとしては、松井を「保険」として獲得したのではないか。

 スコットは昨年、ケガのため64試合しかプレーしておらず、健康面で不安を残す。もし、松井がマイナーで結果を残せば十分に代わりは務まるわけで、ベテランを安く活用するレイズの方針が見えてくる。

 松井としても優勝を狙えるチームでのプレーだけに、希望がかなったと言える。

 なんとかこのチャンスを生かしてもらいたいものだ。

関連記事

BACK 1 2 3
松井秀喜
タンパベイ・レイズ

MLBの前後の記事

ページトップ