フェアウェイの舞台裏BACK NUMBER

格闘家の山本“KID”徳郁が目標!?
男子プロゴルフ界、異色の新人たち。 

text by

雨宮圭吾

雨宮圭吾Keigo Amemiya

PROFILE

photograph byTetsuhiro Sugimoto/AFLO SPORT

posted2012/04/26 10:30

格闘家の山本“KID”徳郁が目標!?男子プロゴルフ界、異色の新人たち。<Number Web> photograph by Tetsuhiro Sugimoto/AFLO SPORT

4月12日から行われた東建ホームメイトカップには、ルーキーの浅地洋佑、川村昌弘、藤本佳則の3人も出場した。全員が予選通過を果たし、通算成績は浅地(写真左)が+1の51位、川村が-3で26位。藤本(写真右)は-10の単独7位でフィニッシュ。ルーキーが開幕戦でベスト10入りしたのは2008年の石川遼以来2人目となった。

ルーキーイヤーで勝つことも不可能ではないという自負。

 プロデビュー戦となった東建ホームメイトカップでは最終日に64のビッグスコアをたたき出して7位となった藤本。「アマチュアではよかったけどプロでは……と周りに言われてプレッシャーはあった。この結果はいい自信になったし、今後が楽しみ」と語る姿には、心ない言葉を跳ね返して見せようというファイターらしい反骨心が透けてみえたのだった。

 浅地も開幕2連戦は上位をうかがう気配を見せながら気合いのゴルフで予選を通過し、川村はあいかわらず飄々とした雰囲気のまま開幕2戦目のつるやオープンで3位と躍進した。

 以前はアマチュアから鳴り物入りで入ってきた選手がプロでは鳴かず飛ばずということもあったが、彼らはジュニア時代からプロツアーでの経験を重ね、すでにトップ10に入ったような実績もある。だからこそルーキーイヤーで勝つことだって不可能なこととは思っていないのだろう。

 若さとは恐れ知らずの勇敢さである。好対照な18歳コンビと大卒のファイター。彼らの勇敢な戦いぶりがツアーの勢力図をどこまで塗り替えられるかが楽しみである。

関連記事

BACK 1 2 3
浅地洋佑
川村昌弘
藤本佳則

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ