SCORE CARDBACK NUMBER

偉大な先人の影に悩む、
レイカーズの首脳2人。
~M・ブラウンとJ・バスの宿命~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2012/03/23 06:00

偉大な先人の影に悩む、レイカーズの首脳2人。~M・ブラウンとJ・バスの宿命~<Number Web> photograph by Getty Images

レイカーズの屋台骨を支えているジム・バス、マイク・ブラウン、ジェリー・バス(左から)。

 どの世界でも、成功者の後を継ぐほど難しい仕事はない。ロサンゼルス・レイカーズのヘッドコーチ、マイク・ブラウンは今、そのことを痛感しているのではないだろうか。

 ブラウンがレイカーズのヘッドコーチに就いたのは去年5月。昨季後に引退した名将フィル・ジャクソンの後任だった。

 シーズン開幕から2カ月半、レイカーズの選手たちは努力家のブラウンを認め、受け入れている。しかし一方で、敗戦が続いたり物事がうまくいかないと、ついジャクソンと比べてしまうようだった。達観したジャクソンとは対照的に細かな指示を出すブラウンをうるさく感じ、ジャクソン時代のトライアングル・オフェンスを懐かしく思い出すこともあった。比較は時に批判につながる。そこにはこの先、大きな問題に発展する危うさが見え隠れしている。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

マイク・ブラウン
フィル・ジャクソン
ジム・バス
ジェリー・バス
ロサンゼルス・レイカーズ

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ