ロンドン五輪代表、最大の挑戦BACK NUMBER

バーレーン戦で見せた成長と可能性。
関塚ジャパンが得た3つの武器とは? 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2012/03/15 12:30

バーレーン戦で見せた成長と可能性。関塚ジャパンが得た3つの武器とは?<Number Web> photograph by Asami Enomoto

バーレーン戦で2点目を決めた清武弘嗣は試合後、「“経験”で済ますだけじゃなく、本当にメダルまで狙っていきたい。そのためにも、もっといいチームになりたい」と五輪本番へ向けて力強く語った。

印象的だった先制点直後の「4分間のプレー」。

 この3つ以外にも成長の証はあった。しかも、世界との戦いにおいて必要だと思われるプレーも幾つか見ることができた。

 印象的だったのは、扇原の先制ゴールから清武の追加点が生まれる「4分間のプレー」である。

 後半10分に扇原が先制点を挙げた直後、バーレーンが気落ちしているところを見逃さず、一気に仕掛けていった。そして、わずか4分後に清武が追加点を決めたのである。

 この2点目のゴールで、相手にかなりのダメージを与えたのは間違いない。「ここぞ」という時に一気に勝負を決めにいったことは、試合を読む力がついてきた証拠だろう。

「勝って(ロンドン行きを)決めることが出来て良かった。世界と戦うイメージは、まだないけど、やれる自信はあります」

 清武は自信満々にそうコメントしている。

 そう言い切れるのは、やれると思うだけの「何か」を清武たちが手にしたからに他ならない。

 バーレーン戦での勝利で、関塚ジャパンは予選突破という喜びを味わい、ロンドンへの切符を獲得した。そして、世界と戦うために必要な「3種の神器」をも手にしていたのである。

関連記事

BACK 1 2 3
山口螢
権田修一
東慶悟
原口元気
清武弘嗣
大津祐樹
鈴木大輔
扇原貴宏
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ