私とDo 特別編BACK NUMBER

<Qちゃんが山の神に個人指導> 高橋尚子×柏原竜二 「マラソンを走るヒント、教えます」 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byKosuke Mae

posted2012/03/15 06:00

<Qちゃんが山の神に個人指導> 高橋尚子×柏原竜二 「マラソンを走るヒント、教えます」<Number Web> photograph by Kosuke Mae

「練習で40km走とかやったことはあるの?」(高橋)

柏原   実際にマラソンを走る時には、どれくらい練習を積まれていたんですか?

高橋   小出監督の練習メニューは極端に走る量が多いので、女性でも男性に負けないだけの距離を走っていたと思います。長い時で、1日80km。最低でも40kmは走ってたかな。毎週1度は朝食の前に50kmも走ってたし。

柏原   ……。

高橋   試合を1本走る前に、40km走を2~3本走るのが主流なんだけど、私は40km走を15本くらい、30km走は35本ほどやってたかな。とにかく、数えられないくらいに。

柏原   すごい……。

高橋   柏原君は練習で40km走とかやったことはあるの?

柏原   去年の3月、千葉の富津合宿で酒井監督から「とりあえず40km走ってみるか」と言われ、気軽に走ってみたことはあります。

高橋   どうだった、40kmは?

柏原   いやあ、ジョグで宿舎に帰るのもキツかったですね。ただ、次の日に60分ジョグをやったらアッという間に終わりました。

高橋   長い距離を練習に取り入れると、他の練習が楽になるんだよね。私の場合は、月間1200から1300kmは普通に走っていたので、それがキツいとか、嫌だなって思ったことはなかった。だから、オリンピックのスタートラインに立った時にスピードはともかく、この中で私が一番走っているという自信はありました。

――時計の針を戻すと、高橋さんの初マラソンは'97年の大阪国際女子で、記録は2時間31分32秒でしたよね。

高橋   ゴールしたときは、長かったなあ~、やっとたどり着いた~って思いました。ものすごく期待していただいていたのに、ケガをして満足な練習が出来なかったんです。30km走を1本やっただけで、30kmまでは予測がついても、そこから先は未知の世界。だから練習不足がそのまま結果に出ただけなんですけど、それでも声援や拍手をたくさんいただいて、「マラソンって楽しいな」って思えたんです。だから柏原君にも、初マラソン後に、そう感じて欲しいなって心から思う。

柏原   はい!

この後、高橋尚子は現役時代の秘話を明かし、柏原竜二は最後の箱根駅伝を振り返る。さらには、日々の練習、食事、そして柏原が1万メートルでのロンドン五輪出場にかける思い……まだまだ続いていく対話の全文は、雑誌Number Do『RUNの学校。~ランニングが楽しくなる方法、教えます~』に掲載。また、Numberモバイルでは前篇後篇の2回に分けて全文を公開します。
RUNの学校。~ランニングが楽しくなる方法、教えます~
コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

柏原竜二
高橋尚子

陸上の前後のコラム

ページトップ