私とDo 特別編BACK NUMBER

<Qちゃんが山の神に個人指導> 高橋尚子×柏原竜二 「マラソンを走るヒント、教えます」 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byKosuke Mae

posted2012/03/15 06:00

<Qちゃんが山の神に個人指導> 高橋尚子×柏原竜二 「マラソンを走るヒント、教えます」<Number Web> photograph by Kosuke Mae

「まずはハーフで日本新に近づけていく」(柏原)

――マラソンを始めるにあたっては心理的な要素が大きいということですか。

高橋   マラソンは半分、「心理」です。もう半分が身体的なもの。私はそう思います。柏原君は箱根で注目されてプレッシャーもあるのに、殻を作らずに走ってきたということは、マラソン向きな気がするな。でも、マラソンを走りたいって思った理由は反骨心だけ?

柏原   大学を卒業して実業団で走るわけですから、せっかくだったら世界で入賞やメダルを狙いたい。じゃあ、どの種目で可能性があるのか、と考えると自分としては世界を狙えるのはマラソンだと思うんです。

高橋   そうするとハーフまでの手ごたえは現実としてあって、それを30km、そして42kmまでどうつなげるかが富士通に入ってからの課題になるよね。自分としては社会人1年目をどんな年にしようと思ってるの?

柏原   どんどんハーフマラソンを走っていきたいと思ってるんです。まずはハーフで日本新に近づけていくのが目標です。

――日本記録は佐藤敦之さん(中国電力)が持っている1時間00分25秒。ちなみに世界記録はタデセ(エリトリア)の58分23秒。

柏原   そのためにはスピードも磨いていかなくちゃいけませんが、ハーフを走るってことは距離を稼ぐことにもなると思うんです。そうして1km3分ペースという固定概念を自分自身なくしていきたいんです。

高橋   じゃあ、将来的には3分を切るペースを自分の走りにしていくってことだね。

柏原   そうしていきたいと思ってます。

高橋   私はハーフを土台にしていく柏原君の考え方、いいと思う。ランニングブームで、一般ランナーの人もいきなりフルマラソンに挑戦する流れが増えてきました。気持ちはよく分かるんだけど、一段階、ハーフをはさんで自信をつけていく方が精神的にも、カラダにもいいと思う。こういう柏原君のような発想を一般の方も取り入れて欲しいな。

【次ページ】 「練習で40km走とかやったことはあるの?」(高橋)

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

柏原竜二
高橋尚子

陸上の前後のコラム

ページトップ