詳説日本野球研究BACK NUMBER

日ハム・大嶋匠と中日・高橋周平。
キャンプで光ったルーキー達を評す。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2012/02/22 10:30

日ハム・大嶋匠と中日・高橋周平。キャンプで光ったルーキー達を評す。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

練習試合、紅白戦と快打を放ち続けた日ハム・大嶋匠。ソフトボール出身ながら急速に野球に適応し、21日の第5クールからは1軍に合流する

下位指名組にも将来のレギュラー候補の実力者が。

 2人以外では次の選手たちに注目している。

<高校生投手>
武田翔太 (宮崎日大→ソフトバンク1位)
松本竜也 (英明→巨人1位)
上沢直之 (専大松戸→日本ハム6位)

<高校生野手>
川上竜平 (外野手・光星学院→ヤクルト1位)
松本剛 (遊撃手・帝京→日本ハム2位)
北川倫太郎 (外野手・明徳義塾→楽天5位)

<大学&社会人投手>
藤岡貴裕 (東洋大→ロッテ1位)
野村祐輔 (明大→広島1位)
十亀剣 (JR東日本→西武1位)

<大学&社会人野手>
伊藤隼太 (外野手・慶大→阪神1位)
鈴木大地 (遊撃手・東洋大→ロッテ3位)

 彼らに共通しているのは大嶋、高橋と同様、形のよさである。さすがにドラフト上位指名が多いが、下位指名組でも上沢、北川などは体作りが進み、指導者の抜擢があれば4、5年目くらいで一軍に定着する実力を備えている。開高健の著書タイトルで知られる「悠々として急げ」という言葉を彼らに贈りたい。

関連記事

BACK 1 2 3 4
大嶋匠
北海道日本ハムファイターズ
高橋周平
中日ドラゴンズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ