SCORE CARDBACK NUMBER

復活を期す新垣渚が
杉内から託された“思い”。
~“43勝投手”が抜けた後で~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byKYODO

posted2012/02/14 06:00

復活を期す新垣渚が杉内から託された“思い”。~“43勝投手”が抜けた後で~<Number Web> photograph by KYODO

昨年11月のアジアシリーズに登板、一軍公式戦では1145日振りとなる勝ち星を挙げた

 8年振りに日本一になった途端、和田毅、杉内俊哉、ホールトンら昨季43勝を挙げた投手たちがゴソッと抜けたソフトバンク。新シーズンに向けて準備を進める秋山幸二監督に「43勝分を補強するのは大変ですね」と尋ねると、平然とこう答えた。

「いる人間でやるしかないじゃない。山田(大樹)や攝津(正)、岩嵜(翔)もやってくれると思う。ただ、いざという時の経験がね」

 '03年に日本一を経験した“四天王”和田、杉内、斉藤和巳、新垣渚のうち、現在、支配下登録されているのは新垣だけだ。

 新垣は沖縄水産、九州共立大を経て、'03年ホークスに入団。1年目に8勝を挙げると、'09年までの7年間で53の勝ち星を重ね、一時は和田、杉内よりも重用されていた。当時のスライダーのキレは半端ではなく、あまりに鋭い曲がりのためキャッチャーが捕れず“暴投”が記録されることも多かった。だがその後、右肩痛に見舞われ、ここ2年間、一軍登板はなし。右肩への負担を少なくするために昨年、投球フォームの改造にも取り組んだが結果は出せなかった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 439文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

福岡ソフトバンクホークス
杉内俊哉
新垣渚
秋山幸二

プロ野球の前後のコラム

ページトップ