SCORE CARDBACK NUMBER

「国政」という難敵を
次戦に選んだパッキアオ。
~当選ならボクシングは引退!?~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2010/04/12 06:00

「国政」という難敵を次戦に選んだパッキアオ。~当選ならボクシングは引退!?~<Number Web> photograph by Getty Images

下院選立候補を妻と届け出るパッキアオ。対立候補は地元の有力者でやや不利との予想も

 東洋人と無名のアフリカ人が米国のど真ん中テキサス州アーリントンのカウボーイズスタジアムで戦うのを見ようと、実に5万人超の大観衆が詰めかけたというから驚きである。3月13日、今や世界のスーパースターとなったマニー・パッキアオが、ガーナ人ジョシュア・クロッティ相手にワンマンショーを演じ、大差判定勝ちを飾った。

 これで俄然、宿敵フロイド・メイウェザーとの対決に期待が集まるが、フィリピンの国民的英雄の次の戦いの場はリングではない。しばらくボクシングを休んで、5月に予定される国政選挙に打って出る。何を酔狂な……などと笑ってはいけない。パッキアオの政治に対する思いは付け焼き刃ではない。4年前、友人の試合の応援のため来日した際に取材する機会があったが、そのときすでに「私の国には貧しい人々が多く、彼らを助けたい。そのためには、政治家にならなければ何もできない」と語っていたのだ。成功したチャンピオンがよく口にする夢のような話だが、パッキアオは本気だった。実際、3年前に初めて立候補した。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

マニー・パッキャオ

ボクシングの前後のコラム

ページトップ