SCORE CARDBACK NUMBER

バッシングの嵐の後に、
亀田兄弟が取る進路。
~長男・興毅は王座統一戦へ~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byBOXING BEAT

posted2010/03/23 06:00

バッシングの嵐の後に、亀田兄弟が取る進路。~長男・興毅は王座統一戦へ~<Number Web> photograph by BOXING BEAT

2月、次男・大毅(中央)がWBA世界フライ級王者に。次は長男・興毅(左)が統一戦に臨む

 亀田兄弟ほどスキャンダラスなボクサーは、過去の日本のボクシングシーンのどこにも見当たらない。

 ファイティング原田以降60人の世界チャンピオンたちのライズ・アンド・フォールを見てきたが、亀田兄弟は他のどのチャンピオンともキャラクターが異なる。わがままと言われた藤猛や浪速のジョーでさえ、試合となれば大きな声援を背に戦ったが、亀田兄弟は時に同胞からのブーイングも浴びて戦わなければならない。亀田の試合の高いテレビ視聴率獲得に大いに貢献しているのは、彼らの言動が生み出したアンチのファンであろう。

 ボクサーとしては、とくに興毅の場合、申し分ない。スタイルはあくまで正攻法。口ほどに好戦的ではないが、本質は喧嘩屋ではなくアウトボクサーなのだ。手も脚も速く、防御は慎重すぎるほどしっかりしている。勘の良さは攻撃面より専ら防御面で発揮される。両手でガードを固めるあまりジャブが少ないという技術的な指摘もあるが、それでも17歳から6年のプロ歴で22戦して1度の敗北も喫していない。「ランダエタ初戦は負け」と信じるファンがいたとしても、興毅のボクサーの資質は認めなくてはなるまい。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 435文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

創刊30周年特別編集日本サッカー マイ・ベストゲーム。

関連記事

亀田興毅
亀田大毅
亀田和毅
亀田兄弟

ボクシングの前後の記事

ページトップ