スペインサッカー、美学と不条理BACK NUMBER

自己犠牲に苦しむ2年目のビジャ。
“バルサ9番”の歴史を変えられるか? 

text by

工藤拓

工藤拓Taku Kudo

PROFILE

photograph byREUTERS/AFLO

posted2011/12/02 10:30

自己犠牲に苦しむ2年目のビジャ。“バルサ9番”の歴史を変えられるか?<Number Web> photograph by REUTERS/AFLO

新加入の昨季は34試合で18得点を記録したビジャ。リーガ&CLの2冠に大きく貢献した

ビジャの高い攻撃能力はバルサの重要な武器になる。

 絶妙なタイミングでDFライン裏に抜けだし、GKとの1対1を冷静に沈めたシンコ・セロ(5-0クラシコ)やアーセナル戦のゴール。マンチェスター・ユナイテッドとのCL決勝で決めた完璧なコース取りのミドルシュート。

 昨季の鍵となる試合を振り返れば、要所要所で重要なゴールを決めてきたのは、メッシだけではないことが分かる。

 今後も損な役回りを担い、ストレスを溜めこむ試合は少なくないだろう。だがDFの裏を取る一瞬のスピードとタイミング良い動きだし、勝負どころで見せる驚異の集中力と精度の高いフィニッシュといったビジャならではの能力は、対戦相手のレベルが上がれば上がるほど際立ち、チームにとって重要な武器となってくる。

 これから迎えるレアル・マドリーとのエル・クラシコ、日本でのクラブワールドカップといったビッグゲームで結果を出せば、再びビジャの重要性は高まってくるはずだ。俺は他の9番とは違う。そんなプライドを込めたゴールを大舞台で見せてくれることを期待したい。

関連記事

BACK 1 2 3
バルセロナ
ダビド・ビジャ
リオネル・メッシ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ