Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<'99Wユース決勝> 黄金世代 「完敗から手にしたもの」 ~遠藤、稲本、小野たちの11年前~ 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byGo! Yanagawa

posted2010/03/26 10:30

<'99Wユース決勝> 黄金世代 「完敗から手にしたもの」 ~遠藤、稲本、小野たちの11年前~<Number Web> photograph by Go! Yanagawa
11年前、若き日本代表が世界の頂点まであと一歩と迫った。
彼らが“黄金世代”と呼ばれる所以である。
だが決勝で喫した敗北にこそ、特別な意義があった。

 自分のサッカー人生で一番印象に残っているのはどのゲームだろう。

 その質問に遠藤保仁は、ボソッと答えた。

「ナイジェリアのスペイン戦やなぁ」

 1999年、ナイジェリアでFIFA主催の世界大会であるワールドユースが開催された。U-20日本代表は、その大会で準優勝という偉業を達成した。

 スペイン戦は、その決勝である。

 当時を振り返ると、ナイジェリアの環境は、日本だと考えられないくらい、かなり劣悪なものだった。だからこそ、準優勝は非常に価値があったと今も思っている。

 日中の気温は40度近く、日が落ちても熱気と湿気が肌に粘りつき、体力を消耗させた。蛇口をひねるとコーヒー色のシャワーが出て、生ものはほとんど食べられない。部屋には5色のトカゲが頻繁に出没し、マラリアの予防薬を毎日欠かさず服用した。ホテルのエレベーターは度々止まり、グループリーグのイングランド戦で起きたように、停電は日常茶飯事……。こんな環境で選手は3週間も戦い続け、歴史を作ったのである。

 だが、遠藤の選択には多少の違和感もあった。ナイジェリアでのベストゲームというのであれば、間違いなく準々決勝のメキシコ戦だ。フラット3が完璧に機能し、アルゼンチンを破って上がってきたメキシコに何もさせず、2-0で完封勝ちした。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4634文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

創刊30周年特別編集日本サッカー マイ・ベストゲーム。
遠藤保仁
稲本潤一
播戸竜二

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ