F1ピットストップBACK NUMBER

ハミルトン、アロンソ、可夢偉――。
トンネルを抜け出した3人の男たち。 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byHiroshi Kaneko

posted2011/11/17 10:30

ハミルトン、アロンソ、可夢偉――。トンネルを抜け出した3人の男たち。<Number Web> photograph by Hiroshi Kaneko

「このレースではひとつもミスをしなかった。僕の周りで能力に対する疑念が渦巻いているけど、良いパフォーマンスと勝利を見せることができて誇りに思っている」と久しぶりの勝利について語ったハミルトン(右)。「結果には満足している。過去10年間でF1カレンダーに載ったサーキットのすべての表彰台に上がれたからね」と2位でも喜んだアロンソ

艱難辛苦に耐え忍び、停滞を抜け出した可夢偉の精神力。

 そのアブダビで、もう一人、長いトンネルを抜け出したドライバーがいた。

 小林可夢偉である。

 最後にポイントを獲得したのが第10戦ドイツGP。その後、可夢偉はまるで悪霊にでも取り憑かれたように不運が続いた。

 ハンガリーGPはチームの戦略ミスに足を引っ張られ、ベルギーGPではハミルトンに当てられ、イタリアGPはメカニカルトラブルでリタイア。シンガポールGPはセーフティカー導入時にピットが混乱してピットインさせたために周回遅れとなり、日本GPは不運なタイミングでセーフティカーが導入されたために3ストップ作戦を活かせずに沈んだ。そして、韓国GPとインドGPは、スタート直後に接触。

 気がつけば、前半戦でコンストラクターズ選手権6位だったチームは、フォース・インディアに抜かれ、トロ・ロッソにも並ばれていた。そこで迎えたのが、第18戦アブダビGPだった。

「確かに状況は苦しい。でも、そういうときだからこそ、もがいたりせず、平静を保ちたい。僕たちがやっていることは、決して間違ってはいないんだから」

 チームリーダーである可夢偉の堂々とした態度がチームを落ち着かせ、ライバルのトロ・ロッソを抑えて10位入賞を果たした。

 ハミルトン、アロンソ、可夢偉――長いトンネルを抜けた3人が最終戦ブラジルGPでどんな走りを披露するのか楽しみにしたい。

■関連コラム ► コース評価の高かった初開催のインドGP。~ブッダサーキットの完成度~
► ハミルトンが韓国GPで6戦ぶり表彰台。なのに……笑顔が無かった理由とは?

コメントする・見る
BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ルイス・ハミルトン
フェルナンド・アロンソ
小林可夢偉
フェラーリ
マクラーレン
BMWザウバー

F1の前後のコラム

ページトップ