SCORE CARDBACK NUMBER

コース評価の高かった
初開催のインドGP。
~ブッダサーキットの完成度~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2011/11/11 06:01

コース評価の高かった初開催のインドGP。~ブッダサーキットの完成度~<Number Web> photograph by Getty Images

全長5.125kmの起伏に富んだコース。初代ウィナーはベッテルで、今季11勝目を挙げた

 インディラ・ガンジー空港に着くと、あちこちでインドGPのキャンペーンが行なわれていた。事前まで初開催にともなうさまざまな問題が指摘され、混乱も予想されていたが、この“ウェルカムムード”にはちょっと驚いた。

 新設されたブッダサーキットはニューデリーの南東50kmの郊外にある。あたりにまだ建物はなく、今後スポーツ施設やイベント会場などが開発・整備されていく計画だ。つまり今は“土漠地帯”のなかに忽然とF1サーキットだけが現れる。

 殺風景ではあっても、施設は昨年初開催の韓国よりはるかにいい。実際にコースを見て回ると、最速320kmに達する2本のストレートと16のコーナーがあり、そのミックスバランスが単調ではなく難易度が高い設定になっていた。高低差をつけ、コーナー入り口は広いが出口は狭く、ブラインドコーナーもある。しかし安全性は配慮され、最も高速の10~11連続コーナーには安全地帯がイン側とアウト側にあった。どちらにも逃げ場を用意してあるのはめずらしく、フリー走行で何台かスピンしても事なきを得ていた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

セバスチャン・ベッテル
レッドブル
マーク・ウェバー
ジェンソン・バトン
マクラーレン
ナレイン・カーティケヤン
フェルナンド・アロンソ
フェラーリ

F1の前後のコラム

ページトップ