Number Do MoreBACK NUMBER

<私と旅ラン> 茂木健一郎 「美しい景色こそ脳の活力です」 

text by

NumberDo編集部

NumberDo編集部Number Do

PROFILE

photograph byKenichiro Mogi

posted2011/10/13 10:30

<私と旅ラン> 茂木健一郎 「美しい景色こそ脳の活力です」<Number Web> photograph by Kenichiro Mogi

いつかは走ろうと狙っている、とっておきのコースとは?

 鹿児島の開聞岳は、ずっと走りたいと狙っている場所。ここはね、色んな条件が完璧。富士山みたいな姿の開聞岳の周りには、畑があって春になると菜の花が咲く。近くに指宿温泉もあるから、走り終った後の温泉とビールも完璧。ここで毎年1月に開かれる「いぶすき菜の花マラソン」には、一度は出てみたい。

 風景って立ち止まってじっくり眺めるほうがいいように思われがちだけど、走ってるときにふっとよぎる景色のほうが、川の上を飛ぶカワセミみたいに、一瞬キラッと光って見える。走ることにはそういう効果もあるんだよね。走ってて見つけた雰囲気のいい喫茶店に、後で歩いて行ってみたらそうでもなかったってことないですか? ふっと通り過ぎた風景のほうが強く印象に残るものなんです。だからこそ、みんな旅先で走りたくなるんじゃないかな。

◇    ◇    ◇

◆茂木健一郎さんへのQ&A
   48歳、脳科学者。東京都出身

Q1 走りはじめたきっかけは?
6歳の頃。唯一勝てる競技だったので。

Q2 どのくらいの頻度で走っていますか?
走りたいときに発作的に。

Q3 ベストタイムは?
5:20:00 30kmからは歩きました。

Q4 何回くらい「旅ラン」してますか?
国内外100カ所以上!

Q5 「旅ラン」で印象的な食事は?
福岡・飯塚の居酒屋で飲んだビール。

Q6 次に「旅ラン」したい場所は?
鹿児島の開聞岳周辺。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2
茂木健一郎

陸上の前後の記事

ページトップ