SCORE CARDBACK NUMBER

オリックスのエース金子が
CS進出に懸ける熱き思い。
~故障離脱の借りを返すために~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2011/09/30 06:00

オリックスのエース金子がCS進出に懸ける熱き思い。~故障離脱の借りを返すために~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

9月29日現在、9勝3敗で勝率.750を誇る。速球と多彩な変化球を武器に防御率は2.45

 今季、もしオリックスがクライマックスシリーズ進出を果たし、ターニングポイントになる試合をあげろと言われれば、9月6日の楽天戦になるだろう。両チームはゲーム差なしの1毛差で、3位争いの真っ只中。オリックスの先発は、岡田彰布監督が「ウチのエースは、そらもう19番よ」と信頼を寄せる金子千尋、相手は「ここ一番の大切な試合で相手エースに投げ勝つのが1億円以上もらってる投手の務め」と語る岩隈久志だった。

 岡田監督の期待を感じた金子は「大事な試合を任されたのは知っている。相手より先にマウンドを降りない」と、強い決意で試合に臨んだ。結果は、被安打3、10奪三振の好投で楽天打線を完封。直接対決の頭を取ったことがチームに弾みをつけ、3連戦を2勝1分と勝ち越すことにつながったのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 549文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<永久保存版> F1鈴鹿伝説。~名勝負はセナとともに始まった~

関連記事

オリックス・バファローズ
金子千尋
寺原隼人
西勇輝
岡田彰布

プロ野球の前後の記事

ページトップ