NumberEYESBACK NUMBER

「大切な人」ウッズに、
米ゴルフ界が抱く本心。
~タイガーの代わりに石川遼?~ 

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2010/03/12 06:00

「大切な人」ウッズに、米ゴルフ界が抱く本心。~タイガーの代わりに石川遼?~<Number Web> photograph by Getty Images

不倫について謝罪し、最後は母・クルチダさんとの抱擁で締めたが

ウッズから石川遼に乗り換える!? でも本心は……。

「タイガーがダメなら別の人」ということで、早々に移り気も見せている。どうせ乗り換えるなら若いほうがいい。世界ランクでトップ10入りを果たしている北アイルランドのローリー・マキロイ、日本の昨季賞金王の石川遼、そして米国の注目新人リッキー・ファウラーらが新たなる「大切な人」候補だ。しかし現状では、この3人の誰にも米ツアー優勝実績が無いところが米ゴルフ界のジレンマ。おまけに、プロとしてのキャリアや実績において3人の中で一番出遅れているのが米国人のファウラーであるという事実が彼らを苛立たせている。

 米国人スターの存在が命綱であることは、米女子ツアーの興亡が如実に物語っている。年間10試合以上に参戦した米国人選手の人数は'90年代までは 100名超だったが、'00年代には2桁に減り、昨季はわずか32名(米LPGA調べ)。米男子ツアーも米国人スター不在となれば同様に衰退の一途ゆえ、ファウラーに期待を寄せているのだが、今季5試合中、5位が1回、予選落ちが3回と今のところは期待外れ。だから外国人選手にも浮気心を見せ、マキロイや石川、池田勇太にも積極的にラブコールを送り始めている。

 けれど、やっぱり米ゴルフ界の本心は「私たちには、あの人しかいない。必ず帰ってきてね」と甘く切ない。批判や怒声は、祈るような本心の裏返し。恋愛にも似た彼らの想いは果たして実るのか。

■関連コラム► ウッズとA・ロッドを結ぶ「点と線」。薬剤スキャンダルの新展開。
► タイガー・ウッズ、復帰へのシナリオ。性依存症→リハビリ→離婚→復帰。

BACK 1 2
タイガー・ウッズ
宮里藍
石川遼
ローリー・マキロイ

ゴルフの前後のコラム

ページトップ