詳説日本野球研究BACK NUMBER

甲子園のスターがアジアAAAを制覇。
気になるドラフト候補を徹底分析! 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2011/09/08 10:30

甲子園のスターがアジアAAAを制覇。気になるドラフト候補を徹底分析!<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

今大会通算20打数10安打13打点の成績で最優秀選手(MVP)となり、優勝に貢献した高橋周平(東海大甲府)。甲子園は未出場ながらも、強烈な印象を残して高校での野球を締めくくった

木製バットで猛打を叩き出し、一躍1位指名候補に。

 変わったのは3安打4打点を記録した決勝の韓国戦。山梨大会敗退後から木製バットを使い始めた高橋は、「考えないと打てないから(木製バットは)面白い」と言っている。その考えたことの1つが「体の中で打つというか、ポイントを近くする」ことだった。

 春の関東大会の時点で「捕手寄りのミートポイント」に取り組む姿勢はあったが、それを木製バットで行なっているのが非凡の証。金属バットのような反発力がないので、ミートポイントを前(投手寄り)にして対応するのが普通の高校球児だが、高橋は逆を行っている。

 台湾戦が始まる前、横浜スタジアム最寄り駅の関内で挨拶したとある球団のベテランスカウトは「高橋で(1位入札は)行きたいんだけど、会社がねえ」と苦笑していた。この時点で、その球団の1位入札は東京六大学の外野手が有力だった。

 しかし、アジアAAAで3番をまかされ通算20打数10安打13打点の成績でMVPを獲得した今、高橋のネームバリューは格段に上がった。ベテランスカウトの希望は恐らく通るだろう。しかし、1位で競合した各球団との抽選(くじ引き)が次の関門には待ち受けている。

関連記事

BACK 1 2 3
高橋周平
釜田佳直
原樹理
東海大甲府高校
金沢高校
東洋大姫路高校

高校野球の前後の記事

ページトップ