SCORE CARDBACK NUMBER

移籍か、残留かで揺れた
福留、上原、黒田の決断。
~シーズン中トレードを巡って~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2011/08/18 06:00

移籍か、残留かで揺れた福留、上原、黒田の決断。~シーズン中トレードを巡って~<Number Web> photograph by Getty Images

中日、カブス時代と同様、背番号1を用意された福留。早くも6番右翼に定着しつつある

 少しだけ着心地の違うインディアンスのユニフォームに袖を通した福留孝介は、いつものように淡々とした口調ながら、明瞭な言葉でこう言った。

「いい場所を与えてもらっていますし、僕自身、やりがいはあります」。7月31日のトレード期限を前に、福留は拒否権を持つ15球団の中に入っていたインディアンスからの獲得オファーを受け入れ、古巣カブスを離れる意思を固めた。

 大リーグの7月は、実に慌ただしい。プレーオフを目指す上位球団と、来季の再建へ向かうチームのいずれもが、ターニングポイントとしての決断を迫られる。「買い手」となるか、「売り手」となるか。開幕以来、優勝争いから脱落したカブスで契約最終年を迎えた福留にとって、緊張感が薄れ始めたチーム状況でこれ以上プレーを続けることは、野球選手としてプラス材料を探すのも困難だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 574文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

覇者たちの夏。~甲子園 最強高校伝説~

関連記事

福留孝介
クリーブランド・インディアンス
上原浩治
テキサス・レンジャーズ
黒田博樹
ロサンゼルス・ドジャース

MLBの前後の記事

ページトップ