NumberEYESBACK NUMBER

招致するなら掲げたい
「東京による五輪再生」。
~簡素化・薬物撲滅・選手第一~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byPHOTO KISHIMOTO

posted2011/08/16 06:00

招致するなら掲げたい「東京による五輪再生」。~簡素化・薬物撲滅・選手第一~<Number Web> photograph by PHOTO KISHIMOTO

スポーツの純粋な楽しさに日本中が沸いた1964年の東京五輪

 東京が2020年の夏季五輪に再び立候補した。歓迎する声もあれば、疑問の声もある。今のところはっきりしているのは、歓迎にせよ疑問にせよ、熱烈なものは少ないということだろう。掲げられた「復興五輪」というテーマに対しても、都民からも被災地からも、熱烈な支持は聞こえてこない。

 なぜなのか。これはやはり、五輪は世界のアスリートのために存在するのであって、国家的な問題との関連は副次的なものだからだろう。

 それでも、東京でもう一度五輪をやる意義――「なぜ東京なのか」に対する答というのは、「世界のアスリートのために存在する」という、五輪の原点に立ち返るなら、見えてくるようにも思える。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ