SCORE CARDBACK NUMBER

日本が見つけた武器と
背中合わせの“脆さ”とは。
~なでしこジャパン世界一の陰で~ 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byAFLO

posted2011/08/15 08:00

日本が見つけた武器と背中合わせの“脆さ”とは。~なでしこジャパン世界一の陰で~<Number Web> photograph by AFLO

ブラジルのタイトな守備に苦しめられつつも、U-17代表はパスワークを武器に善戦した

 昨年、A代表がワールドカップでベスト16に進出して以来、日本サッカーは史上空前の好成績に沸いている。

 昨秋のアジア大会では、初優勝(五輪代表)。今年に入っても、アジアカップ優勝(A代表)に始まり、U-17ワールドカップで18年ぶりのベスト8進出(U-17代表)。ついには女子ワールドカップ(女子代表)で、世界の頂点に立つという快挙が成し遂げられた。各代表が軒並み史上最高成績を残している。

 好調の要因を探るうえで、吉武博文・U-17代表監督の次の言葉が印象的だ。

「日本選手のいいところを発揮すれば、接触プレーなしにボールを運べるという点では、少しの光が見えた」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 621文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

吉武博文

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ