Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<非エリートの思考法> 佐藤琢磨 「妥協なし。100%を貫く才能」 

photograph byHiroaki Matsumoto

posted2011/08/02 06:01

<非エリートの思考法> 佐藤琢磨 「妥協なし。100%を貫く才能」<Number Web> photograph by Hiroaki Matsumoto
19歳からの挑戦。現代のレーサーでは異例に遅いレースデビューだったが、
彼はわずか6年でF1にまで辿り着いた。経験がものをいうレースの世界で、
キャリア不足をものともせず、一気に最高峰に到達できた秘訣とは。

 団地の曲がり角を、自転車で激しく攻める少年がいた。

「昨日より速く!」

 全力でペダルを回し、より深く自転車を傾ける。友達が誰も真似できないスピード。自分だけが辿り着ける世界。幼い頃から、佐藤琢磨は限界域で乗り物を走らせるのが好きだった。そして、好きな物には100%の力を注いだ。失敗は怖くなかった。しょっちゅうひっくり返りながらも、彼は飽きることなく、団地の曲がり角を旋回し続けた。

 F1ドライバーになるには、幼少の頃からの英才教育が常識だ。小林可夢偉は9歳から、セバスチャン・ベッテルは8歳から、フェルナンド・アロンソにいたっては3歳から、エンジン付きのカートに乗り始めている。佐藤が自転車で団地の角を疾走していたのと同じ年頃で、彼らはすでに、4輪レーシングマシンの原点での走行を開始していた。

 佐藤がレーシングカートに乗り始めたのは、19歳の時だった。F1ドライバーをめざす若者なら、10年以上のキャリアがあってもおかしくない年齢で、まっさらの新人としてモータースポーツの世界に足を踏み入れたのだ。あまりに遅く、あまりに不利なタイミングでのスタート。しかしそれは、佐藤のモータースポーツへの思いが極めて純粋で本気だったことの表れだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4279文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

非エリートの思考法。~乱世を生き抜く力をつけろ!~
佐藤琢磨

モータースポーツの前後の記事

ページトップ