SCORE CARDBACK NUMBER

優位が失われたWSBで
日本勢が為すべきこと。
~スーパーバイク世界選手権展望~ 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2012/03/31 08:00

優位が失われたWSBで日本勢が為すべきこと。~スーパーバイク世界選手権展望~<Number Web> photograph by Satoshi Endo

第1レースではチェカの転倒もあり優勝したビアッジ。第2レースでは2位に食い込んだ。

 2月下旬に開催されたスーパーバイク世界選手権(WSB)開幕戦オーストラリア大会は、ヨーロッパのバイクメーカーの活躍が目立った。第1レースは、アプリリア、BMW、ドゥカティが表彰台を占め、第2レースは、ドゥカティ、アプリリアに続き、カワサキが唯一、日本のメーカーとして表彰台に立った。この数年、ヨーロッパ勢が表彰台を独占するのはめずらしいことではないが、今年はその傾向に一段と拍車が掛かりそうな展開だった。

 ヨーロッパ勢が優位に立ったのはリザルトだけでなく、参加台数でも日本勢とのポジションが完全に入れ替わった。メーカー別でもっとも多いのは、WSBで常にチャンピオン争いに加わってきたドゥカティの7台。次にこの数年参加台数を伸ばしてきたBMWが5台。一昨年、念願のタイトルを獲得したアプリリアは昨年と同じく3台、完全なワークス体制で挑んでいる。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

ドゥカティ
アプリリア
カワサキ
BMW

モータースポーツの前後のコラム

ページトップ