Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<ウィンブルドンで得た確信> クルム伊達公子 「貴婦人の激闘」 

text by

吉井妙子

吉井妙子Taeko Yoshii

PROFILE

photograph byShunsuke Mizukami

posted2011/07/28 06:00

<ウィンブルドンで得た確信> クルム伊達公子 「貴婦人の激闘」<Number Web> photograph by Shunsuke Mizukami
40歳の日本人が、聖地で観衆の心を掴んだ。
彼女はなぜ、芝の女王と互角に渡り合えたのか。
年輪を重ねて辿り着いたテニスとの幸福な関係。

 あとほんの少しだった。6月下旬、ウィンブルドンのセンターコートで行なわれた2回戦のクルム伊達公子(40)対ヴィーナス・ウィリアムズ(31=米国)。大会最年長の伊達は、大会5度の優勝を誇るヴィーナスを最終セットの第14ゲームまで追い詰め惜敗したものの、技対力の2時間56分の激闘は、世界中のテニスファンを熱くさせた。

 伊達を「テニスの貴婦人」と形容した英インディペンデント紙は、「あと一歩で時計の針を巻き
戻すところだった」と称えるなど、海外メディアも奮闘を賞賛した。

――2日間にわたって死闘を演じた’96年のシュテフィ・グラフ戦を髣髴させる、息をのむような闘いでした。

「負けたにもかかわらず、帰国してからも多くの人たちに声をかけていただき、嬉しかったですね。自分としても、その前のクレーコートでの試合はずっと勝てない日々が続いたので、ウィンブルドンでちょっと吹っ切れたところもあり、良かったかな。

 やっぱり相手がヴィーナスだったのでこれだけ注目されたんでしょう。彼女はパワーやスピードを現代の女子テニス界に持ち込んだ先駆者だし、5度もウィンブルドンを制しているほど芝のコートが得意。しかも精神力は並大抵じゃない。そんな現代テニスの象徴のようなヴィーナスに、世代の違う私のテニスがどこまで通用するのか。違うやり方であるにもかかわらず、互角に渡り合えたことに、周りは驚きと衝撃を受けたんだと思います」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 6295文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

非エリートの思考法。~乱世を生き抜く力をつけろ!~
クルム伊達公子
ヴィーナス・ウィリアムズ

テニスの前後の記事

ページトップ