SCORE CARDBACK NUMBER

ウィンブルドンを魅了。
伊達の色彩豊かなプレー。
~V・ウィリアムズ戦の反響~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2011/07/11 06:00

ウィンブルドンを魅了。伊達の色彩豊かなプレー。~V・ウィリアムズ戦の反響~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

グラフに敗れた1996年準決勝以来、15年ぶりのセンターコート。2時間56分も激闘が続いた

 クルム伊達公子は、練習コートでジョン・マッケンローに声を掛けられたことをブログで明かしている。

「ビーナスとの試合は素晴らしかった。僕はキミコのプレーを誇りに思うよ」――マッケンローは伊達が練習していたコートにやってきて、こう語りかけたという。元悪童、今はテレビ解説者として評価の高いマッケンローにしても、ビーナス・ウィリアムズを苦しめたあの2回戦は、よほど印象深かったのだろう。

 マルチナ・ナブラチロワなど往年の名選手や、現役選手たちも「少しの差だったわね」などと声を掛けてきたという。ビーナスはウィンブルドンで5度優勝。ビッグサーブを武器に芝では無類の強さを誇る。その芝の女王に最終セット6-8と食い下がった40歳に、選手たちもあらためて敬服したに違いない。確かに、テニス好きならだれでも話題にしたくなるような試合だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 546文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

答えは過去にあり。~ニッポンの名将特集~

関連記事

クルム伊達公子
ビーナス・ウィリアムズ

テニスの前後の記事

ページトップ