ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

サヒンに代わる司令塔役は誰だ?
連覇をねらうドルトムントの試行錯誤。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byItaru Chiba

posted2011/07/18 08:00

サヒンに代わる司令塔役は誰だ?連覇をねらうドルトムントの試行錯誤。<Number Web> photograph by Itaru Chiba

ブンデスリーガ連覇に向けて、5人の新加入選手を獲得。怪我で昨季後半は戦列を離れた香川も“6番目の新加入選手”として期待されている

変化を余儀なくされた王者にあるのは進化か、停滞か?

 3人が当確で、守備的MFの残る1枠のレギュラー争いはギュンドガンが一歩リード。残る左MFは、昨季のレギュラーであるグロースクロイツの他に、新加入のペリシッチがいるし、ライトナーもこの位置で試されたことがある。また、ゲッツェを左MFに回し、代わりに右MFに俊足のブラチコフスキを起用することもありえる。

 いずれにせよ、攻撃がもっともスムーズに機能するのは、どの選手を起用し、どのような配置をとったときなのか。練習試合を通じて探っていくことになるだろう。

 勝っているチームはいじってはいけない。フットボールの世界では常識だ。

 一方で、変化を拒めば、停滞を招く。それもまた、この世の真理である。

 サヒンを手放すことになった王者は、望まずとも変化を受け入れるしかない。といっても、基本となるフォーメーションも、生命線となる守備も大きく変えることはない。攻撃の仕組みを少し変えるだけ。

 進化か退化か。ドルトムントが受け入れる変化は、一体どんな結末をもたらすのだろうか。

関連記事

BACK 1 2 3 4
香川真司
イルカイ・ギュンドガン
モリッツ・ライトナー
マリオ・ゲッツェ
ドルトムント
ヌリ・サヒン

海外サッカーの前後の記事

ページトップ