ベースボール・ダンディBACK NUMBER

ゴールデングラブ賞に異議アリ。
鳥谷敬の守備力に正当な評価を! 

text by

田端到

田端到Itaru Tabata

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2009/11/26 10:30

ゴールデングラブ賞に異議アリ。鳥谷敬の守備力に正当な評価を!<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

2009年の遊撃手RFランキングで、劇的な変化が!

 その'09年の結果がこれだ(規定試合数の出場選手のみ)。

●2009年
  選手名 RF 失策数
1位 坂本(巨人) 4.830 19
2位 井端(中日) 4.826 8
3位 川島(ヤクルト) 4.73 9
4位 鳥谷(阪神) 4.66 7
5位 石川(横浜) 4.30 17

 鳥谷は宣言通り、失策わずか7と、ひとケタを実現。これは井端よりも少なく、「土のグラウンドで年間フル出場して失策数ひとケタ」は史上初の快挙だという。

 しかし、失策数の減少と引き換えに、RFは昨季より大きく数値を落とし、リーグ4位に下降している。エラーしない堅実な守備を意識するあまり、追いつく打球を減らしてしまったのだろうか。

 そんな中、RFで井端をわずかに上回り、1位に躍り出たのは、巨人の若武者・坂本勇人である。ちなみに守備イニングで計算すると、ヤクルトの川島慶三がこれを上回り、1位になる。

守備が正当に評価されるために鳥谷は何をすべき?

 鳥谷の苦悩が聞こえてきそうだ。

 '08年の記録的なレンジファクター。それにもかかわらずゴールデングラブを逃した不遇な評価。

 '09年、史上初の、土のグラウンド失策ひとケタ。しかし、やっぱり受賞はならず。

「たくさん打球をさばいてもダメ。エラーを減らしてもダメ。もうこんな賞はいらん!」

 そう嘆いていないことを祈る。来季はエラーを減らすより、アウトを多く獲ることに重きを置いて欲しい。鳥谷の守備が正当に評価される道は、それしかない。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2
井端弘和
鳥谷敬
阪神タイガース

プロ野球の前後の記事

ページトップ