セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

森本貴幸を誤解していないか?
~ユーティリティFWとしての進化~ 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2009/09/17 11:30

森本貴幸を誤解していないか?~ユーティリティFWとしての進化~<Number Web> photograph by Getty Images

今季は2試合で2ゴール。セリエAでの4シーズン目、二桁得点以上の結果が期待される

最下位のカターニャは戦術が定まらず不安定さを増す。

 最下位のカターニャには不安材料が山積している。やる気に逸るセリエA最年少監督アッツォーリの指導は空回り気味で、戦術方針が定まらない。結果が出ないことで開幕早々チーム内のムードは暗い。その中で1トップ、2トップ右で起用された森本は2戦2発と勝負強さを見せ、守備参加の意識も高めた。サイドでのプレー範囲を1列目から中盤まで広げ、守勢に転じたときに相手へ積極的にプレッシャーをかける場面が増えた。点を取ることだけに専念する、という意味で昨季までの森本は潔いまでに古典的なセンターフォワードだったが、「チームが自信を失っている中、森本には期待している」と指揮官が言う通り、森本の戦術汎用性(ユーティリティ)は大きく広がった。森本が1トップしかできないと思われているとしたら、それは誤りだ。今季カターニャでの彼はむしろマルチ・ユーティリティを備えたFWとして捉えられている。

プレッシャーに打ち勝ち得点する森本は日本代表に不可欠。

 低調チームにあって上質なパスの供給もなく、ただ1人得点源としてのプレッシャーを背負う。そんな茨のシーズンになるかもしれない。だが今なら、全員攻撃・全員守備を是とする岡田監督の代表でプレーするイメージを抱くことができる。中村俊や中村憲、遠藤ら好パサーたちと噛み合ったとき、どんなプレーを見せてくれるのか。10月の再招集で見てみたいと思うのは筆者だけではないはずだ。

関連記事

BACK 1 2
森本貴幸
カターニャ
南アフリカW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ