Jリーグ観察記BACK NUMBER

繊細にして強靭なレフティーFW出現。
柏レイソルの『41番』は誰だ! 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byMasahiro Ura

posted2009/09/02 11:30

繊細にして強靭なレフティーFW出現。柏レイソルの『41番』は誰だ!<Number Web> photograph by Masahiro Ura

第22節の横浜Fマリノス戦に先発でJデビューした田中順也。今後は大学リーグと掛け持ちの予定

埋もれた才能を発掘したネルシーニョ監督の眼力。

 浦和戦後、ミックスゾーンで田中に声をかけると、大学生らしいすがすがしい笑顔が返ってきた。

「僕は大学では1度も選抜に入ってないんです。よくぞレイソルさんが見つけてくれた(笑)。デビュー戦(対ジェフ千葉)は全然冷静になれなかったんですけど、今日は相手がよく見えた。まわりが見えたら、自分の左足を生かす自信があります」

――後方でパスをさばく左利きのボランチはいても、最前列でゲームメイクできるFWは日本では珍しい。どうやって、今のプレースタイルにいたった?

「FWをずっとやって来たんですが、裏に抜けるスピードがあまりなかったので、1回足元でパスをもらって、まわりを使いながら前に進むプレースタイルになりました。さらに、まわりを良く見るようになってから、自分で反転できることに気がついたんです。自分でターンして、パスかシュートを選択する、というスタイルをちょっとずつ作り上げました」

――これまでに参考にした選手は?

「パスの精度という面では中村俊輔選手。『あそこにパス出すんだ』とか考えながら、試合を見ています。あと本田圭佑選手とか玉田圭司選手。みんな左利きですね(笑)」

 田中は続く23節の横浜Fマリノス戦も先発したが、連戦の疲労が抜けず、前半のみのプレーになった。それでも前線でパスの基点になり、左足から惜しいシュートを放つ場面もあった。「大学よりもやりやすい。自分のリズムを作れれば、どのチームが相手でもやれると思う」と手応えを得た。

 はたして柏の41番は、名波浩、中村俊輔といった日本サッカー界のレフティーの系譜に名を連ねることができるのか? ネルシーニョが発掘した新人FWの今後に注目したい。

■関連コラム► 「中村俊輔サッカーノート」の真実。~リーガへの夢を支え続けた15年分の秘密~
► 日本のFWに、もっとフィジカルを。 (2009年4月25日)
► 日本の泣き所に必要な左のエキスパート。 (2008年5月29日)

コメントする・見る
BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

田中順也
柏レイソル

Jリーグの前後のコラム

ページトップ