ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

大久保嘉人は通用しなかったのか。
~日本代表FWがドイツを去った理由~ 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byRyu Voelkel(T&t)

posted2009/07/10 11:30

大久保嘉人は通用しなかったのか。~日本代表FWがドイツを去った理由~<Number Web> photograph by Ryu Voelkel(T&t)

満足のいく出場機会を得られなかった大久保は、ドイツを離れるしかなかった

マガト監督が去ったから──整然とした退団の理由。

 日本とドイツとでは、言葉が違う。温度が違う。ボールが違う。踏み込む土の固さも違う。だから、マガト監督は何度も彼に話していた。初めの半年間は、ドイツとそのサッカーに慣れるために頑張ってくれ、と。

 実際に、慣れるまでに少し時間がかかった。そして、時間はかかったものの、大久保はドイツに慣れてきていたのだ。

「試合に出れなくて、まぁ、いいや、って思ったら、もう終わりよ。ドイツまでお金だけもらいにきた? そんなヤツがいてもいいけど。オレは違うし。サッカー選手をやっている以上は、出たい、出たい、って感じで練習もするやん」

 普段は温厚な大久保が一度だけ、声を荒げてそう言ったことがあった。

 高校時代、マジョルカ時代、そして昨年末と三度もオファーをくれたマガト監督が、腹を割って、自分の必要性を説いてくれたからこそ、大久保は海を渡った。そうでなければ、ドイツには来なかった。そのマガトがチームを去ったから大久保もまたチームを去る。こんなわかりやすい理屈はない。

 W杯を目前にした大久保の選択は、日本では異例なことと映るだろうか。ヨーロッパの中の、少なくともドイツでは異例とは受け止められなかった。評価を下すのはW杯が終わってからでも遅くないと思うが、どうだろう。

■関連コラム► 【中盤の要の矜持】 長谷部誠 「僕がキーマンになる」 (2009年6月15日)
► ヴォルフスブルク、歓喜のとき。~マガトが見せた「復讐劇」~ (2009年5月27日)

コメントする・見る
BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

フェリックス・マガト
大久保嘉人
ヴォルフスブルク
ヴィッセル神戸

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ