ベースボール・ダンディBACK NUMBER

日本一は楽天に決まり!?
「第三の男の法則」に注目せよ。 

text by

田端到

田端到Itaru Tabata

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2009/10/13 13:00

日本一は楽天に決まり!? 「第三の男の法則」に注目せよ。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

今年のクライマックスシリーズの6チームを比較すると?

 さてそこで今年。クライマックスシリーズに進出する6チームの、勝利数トップ3投手を一覧表にしてみた。

● '09年CS進出チームの勝利数トップ3投手
  投手  勝利 
巨人 ゴンザレス 15
グライシンガー 13
高橋尚 10
中日 吉見 16
川井 11
朝倉 10
ヤクルト 館山 16
石川 13
松岡 6
  投手  勝利 
日本ハム ダルビッシュ 15
武田勝 10
八木 9
楽天 田中 15
岩隈 13
永井 13
ソフトバンク 杉内 15
ホールトン 11
大隣 8

 目をひくのは楽天だ。田中15勝、岩隈13勝、永井13勝。第三の男の13勝は、6球団の中で頭ひとつ抜けて多い。昨年まで岩隈と田中の二本柱のチームだったのが、今年はここに永井が加わり、投手陣の厚みがぐっと増した。

 もし楽天がクライマックスシリーズを勝ち抜き、日本シリーズへ進出するようなら、そのまま日本一まで突き進む確率が高いことを、過去のデータは示している。

 セ・リーグは、巨人・高橋尚10勝、中日・朝倉10勝、ヤクルト・松岡6勝が、第三の男たち。ヤクルトは苦しいが、巨人と中日は互角だ。

巨人、中日相手だとパ・リーグで勝てるのは楽天だけ?

 この法則は日本シリーズ用のもので、もっと短期決戦のクライマックスシリーズには単純に当てはめられないとしても、なんらかの参考にはなるだろう。第1ステージは2勝すれば先に進めるが、すぐに第2ステージが控えており、いずれにしろ投手陣の層の厚さは問われる。

 セ・リーグを勝ち抜くのが巨人か中日だった場合、第三の男が9勝の日本ハムは微妙に劣勢だ。8勝のソフトバンクも苦しい。

 もちろんこれはデータ遊びの意味合いもあり、日本ハムは'06年に法則を覆したチームである。ソフトバンクもここに来て、今季不振だった和田が復調し、短期決戦を戦う態勢を整えてきた。こんな単純な比較で、本当に結果がわかってしまうなどとは思っていないし、野球がそんな単純なものであって欲しくもない。

 クライマックスシリーズを勝ち抜くのは、果たしてどこなのか。次回は、日本シリーズの法則・打者編をお送りする予定だ。

関連記事

BACK 1 2
朝倉健太
大隣憲司
永井怜
八木智哉
松岡健一
高橋尚成
中日ドラゴンズ
福岡ソフトバンクホークス
東北楽天ゴールデンイーグルス
北海道日本ハムファイターズ
東京ヤクルトスワローズ
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後の記事

ページトップ