オフサイド・トリップBACK NUMBER

深まった議論と浮上した課題。
キリンカップで代表が得たもの。 

text by

田邊雅之

田邊雅之Masayuki Tanabe

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2011/06/24 10:30

深まった議論と浮上した課題。キリンカップで代表が得たもの。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

長所と短所がそれぞれ顕在化したキリンカップ。本田圭佑や遠藤保仁らが軸となって、3年後のブラジルW杯まで成長し続けられるか?

「個」の成長とシステムの精緻化。その両輪で成長する。

 本田がペルー戦の翌日に喝破したように、サッカーはシステムだけでするものではない。

 だが同時にザッケローニは、ジーコのようにまず選手ありきでシステムを考えるのではなく、チームにとって必要だと判断した「引き出し(システム)」にあわせて、選手起用をしていくタイプであるのも事実だ。

「個」の成長とシステムの精緻化。どちらの要素が欠けても、代表強化の弁証法は成立しない。「個か組織か」という議論そのもののレベルが一段階上がっただけでなく、ステップアップのための新たな課題が浮き彫りになった意味でも、キリンカップで得たものは少なくなかった。

 W杯ブラジル大会のアジア3次予選まで残すところ2カ月あまり。南米選手権の出場辞退という痛手を乗り越えて日本代表を進化させるために、ザッケローニはどんな「次の一手」を打つのだろうか。

関連記事

BACK 1 2 3 4
本田圭佑
遠藤保仁
アルベルト・ザッケローニ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ