SCORE CARDBACK NUMBER

最高のサッカーファン、富樫洋一氏を悼む。 

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

posted2006/03/09 00:00

 「ほう、サッカーで飯が食えるようになりましたか」

 '93年にJリーグが開幕して間もないころ、ある大先輩のジャーナリストに挨拶にいったところ、差し出した名刺を見てしみじみと言われた。サッカーの取材用に新しく作ったその名刺に、私は気恥ずかしさを決意の強さで隠しながらフットボールアナリストの肩書きを記していた。

 サッカーでまだ飯が食えなかった時代、純粋なフリーランスなどほとんど存在せず、サポーターとフリーライターの境界がいまだ未分化だった時代に、フリーランスの草分けのひとりとして活動していたのが富樫洋一さんだった。原稿料など微々たるもの。1年を数十万円で暮らし、確定申告の際に税務署から、「この収入でよくやっていけますね」と言われながら。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 581文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[トリノ冬季五輪総集編]聖なる煌めき。

Jリーグの前後の記事

ページトップ