SCORE CARDBACK NUMBER

PRIDE消滅危機でファイターは就活中。 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2007/08/23 00:00

PRIDE消滅危機でファイターは就活中。<Number Web> photograph by Susumu Nagao

 UFCか、それともHERO'Sか? 今春までPRIDEで活躍していた選手たちが新天地を求め始めた。格闘家は闘うのが仕事。いつまでもPRIDEへの愛や思い出を語っているだけでは食べていけない。アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラがオクタゴンデビューを果たしたのは記憶に新しいが、8月5日にはパウロ・フィリォがUFC傘下のMMAイベントWECに登場した。フィリォの例を出すまでもなく、海外のPRIDEファイターの視線は日本からアメリカに向けられつつある。

 同様に日本のPRIDEファイターの中にもアメリカに活路を求める者がいる。9月22日のUFC76に出場することになった吉田道場の中村和裕と小見川道大だ。「少なくとも年内の再開はない」と噂されるほどPRIDEが長い冬眠状態に入った現在、UFCがMMA最大のメジャーな舞台になったことは疑いのないところ。今後もオクタゴンを目指すPRIDEファイターは増えていくことが予想される。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

格闘技の前後のコラム

ページトップ