SCORE CARDBACK NUMBER

ダービーで雪辱を誓うバルクに
新たな強敵。 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byYoshihiro Fujioka

posted2004/05/06 00:01

ダービーで雪辱を誓うバルクに新たな強敵。<Number Web> photograph by Yoshihiro Fujioka

 地方競馬の所属馬として初のJRAクラシック制覇が成るかどうかと注目された、第64回皐月賞(4月18 日、中山、芝2000m、GI)のコスモバルク(道営・田部和則厩舎、牡3歳、父ザグレブ)は、判官贔屓の日本人の気質にも合って堂々の1番人気に支持された。しかし、結果は2番手で流れに乗り、余力を持って早めに抜け出したダイワメジャー(美浦・上原博之厩舎、牡3歳、父サンデーサイレンス)の優勝。 54年ぶりという1勝馬の殊勲で、10番人気と戦前はまったく陰に隠れた存在だったが、内容は完勝と言っていいもの。昨年の皐月賞をネオユニヴァースで制したミルコ・デムーロ騎手が、その鞍上にいたというのも大きかった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

コスモバルク

競馬の前後のコラム

ページトップ