SCORE CARDBACK NUMBER

まさかの銀メダル。シンクロが抱える課題。 

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

posted2007/01/11 00:00

 ドーハ・アジア大会が終わった。4年に1度のアジアの祭典らしく各競技で様々なドラマが生まれたが、一番驚かされたのはシンクロナイズドスイミングの敗北だった。'94年の広島大会から4大会連続の金メダルを目指した日本は、デュエットの鈴木絵美子、原田早穂組(ミキハウス)が、前半のテクニカルルーティン(TR)で首位に立ちながら、後半のフリールーティン(FR)で中国ペアにまさかの逆転負け。雪辱を期したチームでも再び中国に敗れ、アジアの盟主の座から滑り落ちた。さらにその直後に日本代表の井村雅代前ヘッドコーチが中国と契約し、北京五輪まで指導に当たることが判明。関係者の間に衝撃が走った。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

井村雅代
北京五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後のコラム

ページトップ