NumberEYESBACK NUMBER

日本は世界水泳でメダルラッシュを狙う。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

posted2007/03/22 00:00

 順調そのもの。

 3月3、4日、東京・辰巳で行なわれた日本短水路選手権には、世界水泳の日本代表選手たちも参加した。彼らの泳ぎは、約20日後に迫った競泳種目の世界水泳開幕に向けて、そう感じさせる出来だった。

 今大会におけるナショナルチーム首脳陣の狙いは、メルボルン世界水泳に向けて選手の状態を把握すること、大会を経験することでチームの士気を高めることにあった。

 例年なら、強化のために泳ぎこむ時期に開催された大会。実際、多くの選手は直前まで所属クラブでの国内外合宿でハードなトレーニングを積んでの出場。実際、疲労を蓄積している選手が多く、北島康介、中村礼子らを指導する平井伯昌コーチは、「正直、どうしてこのタイミングで大会があるんだろうと思っていました」と語っていた。低調な結果に終わるとの予想もあった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 965文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[UEFA CHAMPIONS LEAGUE]生存の条件。

Sports Graphic Number 647

[UEFA CHAMPIONS LEAGUE]
生存の条件。

 

平井伯昌
北京五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後の記事

ページトップ