SCORE CARDBACK NUMBER

北島康介ら主力が本気で挑むアジア大会。 

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

posted2006/12/07 00:00

 2年後に迫った北京五輪の前哨戦となる第15回アジア競技大会が、12月1日から15日までカタールのドーハで開催される。45の国と地域が参加し、39競技424種目でメダルを争うこの大会に、日本は628人(男子352人、女子276人)の大選手団を送り込む予定だ。4年前の釜山大会では金44、銀74、銅72のメダルを獲得したが、各競技の主力選手がほとんど出場する今回は、さらなる好成績が見込まれており、五輪本番を占う意味でも注目される。

 本来ならマラソンなど一部の種目以外は、この時期はオフシーズンに当たる。ただでさえ五輪に比べてモチベーションが低くなりがちなアジア大会への参加を回避する選手が増えても不思議はない。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

北島康介
北京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ