SCORE CARDBACK NUMBER

来季の捲土重来を期す
セルティックスの矜持。
~NBAを面白くする“口撃”~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byNBAE/Getty Images

posted2009/07/06 06:00

来季の捲土重来を期すセルティックスの矜持。~NBAを面白くする“口撃”~<Number Web> photograph by NBAE/Getty Images

 勝負の世界で“たられば”話をしても意味がない。そうわかっていても、つい聞きたくなることがある。もしケビン・ガーネットが故障せず健康だったら、ボストン・セルティックスはNBA2連覇を達成していただろうか?

 NBAファイナルの最中に出演したテレビ番組でこの質問を投げかけられたセルティックスのヘッドコーチ、ダク・リバースは、 迷うことなく 「していた」 と断言した。しかし、すぐにこうも付け加えた。「でも彼が故障していたのが現実だ」

 これだけ聞くと、プレイオフ2回戦でオーランド・マジック相手に敗退した悔しさはすでに乗り越えたように思える。しかし、マジックとロサンゼルス・レイカーズのどちらが優勝しそうかとの質問に対して「本音を言えばどっちにも優勝してほしくない」と漏らしたところをみると、負けた痛みはまだ大きいようだ。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

ケビン・ガーネット
ポール・ピアス
ボストン・セルティックス
オーランド・マジック
ロサンゼルス・レイカーズ

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ