SCORE CARDBACK NUMBER

不器用さゆえすぐに決まらなかった
アレン・アイバーソンの移籍先。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byNBAE/Getty Images

posted2009/09/29 06:00

不器用さゆえすぐに決まらなかったアレン・アイバーソンの移籍先。<Number Web> photograph by NBAE/Getty Images

“NBA最速の男”もすでに34歳。昨季は背中の痛みのため4月上旬から残り試合を欠場

 つくづく思うのだが、アレン・アイバーソンは不器用な選手だ。

 元リーグMVPで、オールスターに10回選ばれ、4度の得点王を取ったスーパースターを「不器用」と表するのは変かもしれない。実際、能力やスキルの面ではまったく不器用ではない。そうでなければ、183cm、81kgの小さい身体であの実績をあげられるはずもない。

 その一方で、頑固で融通が利かない一面を持っている。いつも「自分らしい」ことにこだわり、自分のやり方を変えようとしない。そのため幾度となく周囲と衝突してきた。そして、プロ13年目にして初めてFAになったこの夏、そんな彼の不器用さが先の道を狭めてしまった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 931文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

2010W杯予選特集南米 サッカー大国の宿命。

関連記事

アレン・アイバーソン
メンフィス・グリズリーズ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ