SCORE CARDBACK NUMBER

「代表」より、「経験」。若手の渡欧に希望をみた。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byKazuhito Yamada/KAZ Photography

posted2008/02/14 00:00

「代表」より、「経験」。若手の渡欧に希望をみた。<Number Web> photograph by Kazuhito Yamada/KAZ Photography

 なぜ日本代表は試合を読む力がないのか。ずっとそんなことを考えていたら、前ブラジル代表監督のパレイラ(現南アフリカ代表監督)がこんなヒントを教えてくれた。

 「国内だけでやっていると、他のサッカー文化に触れる機会がないからね。だから、欧州の強豪とやるとパニックに陥るんだ。その一方で、普段から欧州のリーグでやっている選手は、いろんな状況を経験して対応力が身についている。それは南アフリカでも同じ問題だよ」

 だとすれば、この冬、多くの日本人選手が欧州にやって来たことは、この問題を乗り越えるうえで大きくプラスになってくれるだろう。本田圭佑がフェンロのテストに合格し、続いて水野晃樹がセルティックに、長谷部誠がボルフスブルクに入団した。また、菊地直哉がドイツ2部のイエナのテストに合格した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 549文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[欧州チャンピオンズリーグ]ビッグクラブ攻略論。
VVVフェンロ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ